【作曲家・振付家ご紹介】盆踊りを形にしてくれるのはこの方々!

樋口 舞(ひぐち まい) / 歌手、作詞・作曲家

プロジェクトへの意気込み

小さい頃盆踊りが大好きでした。おばあちゃんに買ってもらった綿菓子をそのままに踊り続けていたら、綿菓子がなくなってしまい、家族に笑われたのも良い思い出です。

世代を越えて楽しむ事のできる素敵な伝統文化を伝えていくお手伝いができるのは本当に光栄で幸せな事です。

幸区の皆さんと素敵な曲を作り、歌い、共に踊る日を楽しみにしています!

プロフィール

2000年1月から2011年11月まで、ロックバンド、歌姫楽団の歌姫として活動。

作詞・作曲・ボーカルを担当。

古き良き物や「和」の心を愛する。

昭和歌謡、シャンソン、ジャズ、ロック、ブルースまで、幅広いジャンルの要素を取り入れた懐かしくて新しい楽曲が特徴。

それ故に、客層も性別、年齢、国籍を問わず幅広い。

2006年にメジャーデビュー、2009年にはサマーソニックへの出場も果たした。

歌姫楽団解散後、ソロ活動を開始。

ライブ活動を中心に様々なアーティストへの楽曲提供や舞台音楽、舞台出演、稲川淳二の怪談ナイトへの出演等、活動の幅を広げ日々輝きを増している。

樋口舞 公式WEBサイト
http://maihiguchi.com/

スズキ拓朗(すずき たくろう) / 振付家・演出家・ダンサー

プロジェクトへの意気込み

にゃんだかんだ踊りというものに最初に出逢ったのは盆踊り。

お婆ちゃんが踊ってる時にアイス食べ。お母さんが踊る横で一緒に歩き。お父さんが太鼓を叩くのに合わせ手を叩き。お姉ちゃんに振りを教わった。

盆踊りは誰かとの思い出を温かく残し、世代を跨いで子供達に遊び心を育ませます。大人も子供も幸せいっぱいになるような幸区の盆踊りを作りたいです。

プロフィール

東京グローブ座公演を超満員にした次世代筆頭ダンスカンパニー「CHAiroiPLIN」(チャイロイプリン)主宰。第46回舞踊批評家協会新人賞、日本ダンスフォーラム賞、若手演出家コンクール最優秀賞、世田谷区芸術アワード飛翔、芸術祭新人賞など、数々の賞を獲得。

「コンドルズ」に所属し、若手エースダンサーとして活躍。NHK「みいつけた」振付出演、「刀剣乱舞」「文豪ストレイドックス」、帝国劇場、博多座公演への振付など多数。フィリップ・ドゥクフレ作品などにも客演。

城西国際大学、国際文化学園などで非常勤講師。公益財団法人セゾン文化財団シニア・フェロー。平成27年度東アジア文化交流使。奇抜なファッションが得意。

ダンスカンパニー チャイロイプリン
http://www.chairoiplin.net/

トップへ戻る